「長谷川逸子」作品集

630枚の写真で見る建築家・長谷川逸子の軌跡

 私にとって、建築と自然、人間と自然は、お互いに対立しあうようなものではなく、重なり合って一つの環境を作っているものです。「第2の自然としての建築」とは、自然の中にいる快適さをもつ建築であり、絶え間なく変化し続ける自然とともに変化する建築であり、人々や土地が受け継いできた豊かさに連続する建築です。

 For me, architecture and nature, or human beings and nature, do not stand in opposition but rather coalesce to form a single environment. “Architecture as a second nature” means architecture offering the physical comfort felt in nature, architecture able to change along with ever-transforming nature, and architecture enlivened by the richness long handed down by people in a place.

販売:鹿島出版会
Dealer:Kajima Institute Publishing

:

完成年 :
02/2016

用途 :